目に見えない箇所ほどしっかりと|川口市の高木デンタルクリニックのオフィシャルサイトはこちらです。

根管は目に見えないけど……

根管は目に見えないけど

当クリニックでは根管治療に力を入れています。そもそも根管治療とは、歯の土台とも言える歯根の中の治療のこと。虫歯が進行して根管までおかされてしまった時に行われる治療で、虫歯菌に汚染された神経や血管を除去し、薬を詰めて被せ物を使って歯の機能を回復させます 歯根は歯の土台です。この根管治療がしっかりしていなければ、歯は長持ちしません。土台がだめになってしまえば、上にある歯もだめになってしまいます。だからこそ、当クリニックでは目に見えない根管治療に力を入れているのです。

丁寧な根管治療

根管は目に見えない箇所のため、短期的な治療ですんでいるケースが少なくありません。しかし、そのような治療では根管内の清掃が不十分で様々なトラブルが起きてしまう恐れがあるのです。先ほども言及したように、根管は歯の土台とも言えるとても大事な部位。「目に見えない箇所だから」と甘く見ることは決してありません。むしろ、目に見えない箇所だからこそ丁寧な治療を徹底しています。

根管治療の2つの手法

当クリニックでは以下の2つの根管治療を患者さんの状態に合わせて使い分けています。

根管治療の2つの手法

根管治療の流れ

根管治療の流れ

STEP1 根管の洗浄・消毒

虫歯菌に汚染された神経や血管を除去し、根管の洗浄・消毒を行います。

STEP2 充填

根管内に専用の樹脂を充填し、フタをします。

STEP3 被せ物の装着

被せ物を装着します。お食事はいつも通りで大丈夫です。

診療のご予約はこちらです。24時間対応させて頂きますので、お気軽にご予約ください。